exciteブログ Exciteホームブログトップサイトマップ
[おことわり]
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
私も、霊能者である前に、ただの主婦である。
体調によって、正しく霊を見ることができない時もあるし、なにより、とても疲れる。
だから一見さんは見ない。
BLOGの読者には申し訳ないが、個人的に直接面談のよる相談は受けつけられない。
その代わり、このBLOG内で解決できることはお手伝いしたいと思っています。

ご相談は、お手紙(*必ず手書き=文字から情報を得ますので)にて受付けておりますが、回答は、抽選により本BLOG上で行いますご了承下さい。
みなさまの見えざるものへのアプローチをお手伝いさせていただきます。

◎相談の宛先◎
〒107-0062 東京都港区南青山2-22-2-2F ウェッジリンク内
「西塔恵への相談」係

※電話による受付は致しておりません。ご了承ください。
[PR]
# by saito_kei | 2007-06-17 12:34 | [メッセージ]
週末、護摩焚き供養をやっている時間を見計らって、
彼女達のために近所のお寺へ出かけた。
お寺に到着したとき、10人ほどの僧侶が渡り廊下を本殿へと向かうところだった。
まもなく、お経が始まり…私は渡り廊下の下で、彼女達のために手を合わせた。
私の周囲にいた彼女達は、僧侶達の声が天に昇るのを追いかけるように、
天へ昇っていった。
彼女達は、お経を上げてもらうことは贅沢なことなのだといっていた。
普通の人は、お経などあげてもらえないのだということも。
成仏するチャンスを待っていた彼女達。
彼女達の願いは、お経とともに成仏すること。
今では、当たり前のようになっていること。
お経とともに昇っていけることが、彼女達の時代、最高の幸せだったのだろう。
それに比べ、今の私達は、なんとたくさんのことを望み、当たり前に考えているのだろう。
それ以来、彼女達が現れることはない。

                                               (おわり)
[PR]
# by saito_kei | 2007-06-15 01:06 | [身近にある、ちょっと怖い話。]
ハードなロケが終わり家に帰る。
仕事は家に持ち込まない。
私の仕事は一歩間違えば、家族を巻き込んで迷惑をかけてしまう。
いつもなら玄関前で後ろを振り向き、なにモノもいないことを確認する。
その日は、早く家に入りたかった。
泊まりで持っていった荷物も重く感じられる。
事故も怪我もなく無事に終了し、帰ってこれたことに感謝。
「ただいまー」とともに玄関をあけた。
玄関をあければ、仕事を忘れ、主婦の日常が待っている。
帰ってきた当日だったか、一日後だったか忘れてしまったが夜中のことである。
寝ていた私。ペタペタ・パタパタ、何人もが歩く足音がうるさくて目が覚めた。

お決まりの丑三つ時。
音は家の中、リビングのほうから聞こえてくる。
まさか・・・どろぼおおー?
家族を起こそうかとムックリと起きあがる。
頭がハッキリ目覚めた状態で、もう一度聞き耳をたてる。
歩幅が狭く、小さな足だけど、子供ほど小さくない重さの音。
10人くらいいる・・・しまった・・・つれてきちゃった。
家族を起こすどころか、この音に気づいてほしくない。
どうか目を覚ましませんようにと祈る気持ちでいっぱいになる。
足音だけで、物を動かす音や、衣擦れの音はしない。
話し声もしない、悩まされた歌も聞こえない。
何でついてきたの、と聞くと、成仏したいのだという。
どうしてほしいの、と聞くと、お経とともに成仏できるという。
頼むから、週末まで待って欲しいということと、
二度と姿や音を立てないで欲しいと、彼女達にお願いして眠りについた。

                                      (つづく)
[PR]
# by saito_kei | 2007-06-08 10:34 | [身近にある、ちょっと怖い話。]
私の前にいたスタッフ全員が、同時に一歩後退した。
号令がかかったみたいにそろっていた。
彼らの目は、恐ろしさに凍り付いている。
私が飛びかかると思ったのかもしれない。
「あなたは誰ですか」口も聞きたくない彼女は質問を無視する。
私の手は、彼女の怒りで、強くグーで握られ震えている。
長い押し問答の中で、彼女が怒鳴るように口にした言葉は、男へのうらみつらみ。
現代よりも女性が生きずらい時代。
男に利用され、病気になり、捨てられ、死んでいった。
女達の生きざまを彼女が代弁したのだろう。
死んで、ようやく、心おだやかに過ごせる場所をここに見つけたのだ。
彼女は、私が恥ずかしくなるような言葉で自分の思いを告げた。
思いのたけを爆発させると彼女は泣き崩れた。
張り詰めていたものがなくなり、気持ちが楽になったのかもしれない。
時代と境遇に翻弄され、生きていくために必死だった女性たち。
恨みの矛先のやり場がなく、自分達の世界を作ることで、自分たちを守ってきた。
私達は、色々なことを考えさせられながら、彼女達の住処を後にした。

                                      (つづく)
[PR]
# by saito_kei | 2007-06-02 01:04 | [身近にある、ちょっと怖い話。]
リーダー格の霊いがいは、みなおとなしく、特別に強い恨みのエネルギーも感じない。
リーダー格の霊は、私に呼ばれることをいやがっていた。
私の前には男性スタッフが、ぞろりといる。そんな彼らに近づくのも嫌なのだろう。
信じれない、乱暴される、嘘ついて、好いように利用される。
そんな思いが、私にドンと押し寄せる。男性が怖いのだ。
半ば無理やり彼女を私の中に呼び込む。
彼女が逃げ出さないよう、捕まえておくことに集中する。
男性スタッフを前にした彼女が、ワナワナと震えている。
私の体は、彼女の怒りのエネルギーで震えがとまらない。
怒りで体が震えるとは、こういうことなのか・・・と私は始めて知った。
私の歯をギリギリと食いしばる。私の動悸が早くなる。血圧も上がっているに違いない。
彼女の怒りのエネルギーは、私の体力を消耗していく。疲れる・・・
ディレクターが質問するが、彼女にこたえる気持ちはない。
前にいる男性スタッフを見ようとせず、左右に目線を動かす。
彼女は意を決したように、恐ろしい形相でディレクターをにらみつけ、ザッと一歩前に出た。

                                           (つづく)
[PR]
# by saito_kei | 2007-05-26 10:29 | [身近にある、ちょっと怖い話。]
遊女のいる獣道は、道幅が狭く、進行方向の右は山、左側は崖だった。
にらみつける遊女に触れないよう通りすぎ奥へと進む。
暗く狭い道を程なく進むと、道は崩落したようになくなっていた。
途切れた道に、たくさんの着物を着た女性の霊がいる。
私以外、スタッフは全員男性だ。
この場所は、彼女達の住処。女性だけが寄り集まっている霊のスミカだった。
彼女達は、男に悪い感情を抱いていてる。
現代風の霊もいたが、ほとんどが古い霊である。
男性に裏切られたり、利用されたり、だまされたり、男に恨みを持つ霊が多い。
女には害をおよぼさないが、男は許さないという、エネルギーを感じる。
男性スタッフに感じる人がいたら、こんな場所には、いられず逃げ出しているはず。
山側の高い場所から、体を隠すようにスタッフをにらみつけるリーダー格の霊がいる。
ほかの霊をなぐさめ、気丈にまとめてきたようだ。
男のいない世界を求め、ここに落ち着いたのだろう。
こんなにたくさんの男性が、ここに入ってきたことがなかったのだろうか。
彼女達も驚いている様子だ。息を詰めるようにこちらを見ている。
足場のよさそうなところで、リーダー格の霊を呼ぶことにする。
憑依中に霊が走り出したり、飛び降りたりする可能性もありえる。
いざ、という時のため、私にタックルをかけようと男性スタッフが周囲を取り囲んだ。

                                              (つづく)
[PR]
# by saito_kei | 2007-05-19 00:02 | [身近にある、ちょっと怖い話。]
遊女と接触し招霊し体を貸す。俗にいう憑依である。
私の体に、他人のエネルギー体をいれるということ。
私に体を貸し、やりたいこと言いたいことをやらせてあげる。
その時の私は、二人羽織の後ろの人のような感じ。
私の前、表面に出てくる人に任せて、じっと、見守っている。
私自身の自己がなくなるわけではない。
入ってきた霊は、私の中で考え、映像を見せ、感情を抱く。
生きている人と同じで、考えていることのすべてを話すわけではない。
また、考えていることとは違うこともいう。嘘をつくのである。
それに、見ず知らずの人に質問されて、べらべらと話をするものでもない。
「なんで、あんたに話をしなくてはならないのだ」と、まともな答えが返ってくる。
または、黙っている。生きている人と同じ反応なのである。
道行く人に、大人数で詰め寄り、ライトを当て「なぜ、あなたは、ここにいるのか」
と、聞くのと同じことなのだ。
そんなことを答える筋合いはないし、いい迷惑なのである。
でも、それでは、先に進めない。
霊に体を貸し、後ろで見守っている私は、心の中で霊に話しかける。
何かいいたいことはないのか、やりたいことはないのか、伝えたいことは?
思い出は?と問いかけてみる。
こんな所にいないで成仏したほうがいいのではないかと説得してみたりもする。
さめざめと泣きたい霊には、気がすむまで私の体で泣かせてあげる。
肉体をなくし、再び涙を流せることを喜ぶ霊体もいる。
霊に体を貸すことで困ったことがひとつある。
眼が乾くのである。
霊に体を貸しているとき、霊はまばたきをしてくれないのである。
おかげで、ドライアイになってしまった。
何分もまばたきしないときは、体を貸している霊に悪いが自力でまばたきする。

                                          (つづく)
[PR]
# by saito_kei | 2007-05-05 02:57 | [身近にある、ちょっと怖い話。]
移動中も、ずっと歌は聞こえていた。
現場について、撮影が始まる間、車を降り、山の中でも聞こえる歌を聴いていた。
私は思い切って、マネージャーに歌のことを話し、聞こえないかとたずねてみた。
怪訝そうな顔をしながらも耳を澄ませていたマネージャー。
ハッと、した顔をして「聞こえますね。民謡のような、子守唄のような歌が。女性の声で」
「ええ、ええ、聞こえますよ。ハッキリと」
そうか、私だけじゃなく聞こえるんだ。よかった。
気を良くして、近くにいたスタッフにも聞いてみる。
スタッフは、耳を澄ませ顔を上げると「歌なんか聞こえませんよ。何にも聞こえません。」
マネージャーは、ウソでしょ・・・てな顔をしてみせる。
ほかのスタッフに聞くと「聞こえますね」・「聞こえない」
聞こえている人と聞こえない人がいたのである。
とりあえず、私以外にも聞こえている人がいるとわかっただけでもうれしかった。
怖い形相をした、お姉さん達に立ち向かう勇気も湧いてくるというものだ。
少し気持ちが軽くなり、いざ、彼女達のもとへ。
「お願いしまーす」の声を聞いて、現場へと歩みを進めた。
                                              (つづく)
[PR]
# by saito_kei | 2007-04-21 01:02 | [身近にある、ちょっと怖い話。]
夕食と入浴、軽い睡眠をとるくらいの時間は、あったように思う。
私は入浴のために一人、大浴場へ足を運んだ。
日が暮れてまもなく、夜というにはまだ早い時間。
浴場には私一人だけ。
湯につかり、体を洗い出したころから気になりだしたことがある。
どこからか、ずっと歌が聞こえているのである。
最初は気にもならなかったが、同じメロディーで、歌詞がはっきりしない。
終わることなく続いている歌が、どこから聞こえてくるのか、ふと、気になりだす。
宿泊先は山の中の一軒屋ではない。
近所にあるスナックやカラオケの歌が聞こえるのかもしれない。

体を隠しながら、浴場にある大きな窓をあけてみる。
窓から首を突き出しながら、歌が聞こえる方向を探す。
民謡のような、盆踊りの曲のような、数え歌のような、子守唄のような…そんな歌。
生活音は、聞こえるが、外から歌は聞こえない。
しかし、相変わらず、歌は聞こえている。
それも後ろから。

浴場の大きな窓を閉めて、歌が聞こえる方向を見つめる。
風呂の天井。角になっている隅。
姿は見えない。姿は見せない。女性の切なそうな歌声。
風呂からあがり、部屋で少し横になるが、ずっと歌が聞こえている。
私が行くことを知っているのか、私が行くのを待っているのか。
夕食のときにも・・・私だけが聞こえている歌。
頭の中に響くのではない、耳で聞いている音。
誰かに確かめたところで、「そんな歌は、聞こえない」と、いわれるのがおち。
こんなにハッキリ聞こえているのに。
夜中の撮影の準備も整い、ロケバスで昼間下見をした場所へ向かう時間となった。
私達の侵入を阻もうと、獣道の真中に立つ彼女のもとへと・・・。
                             
                                             (つづく)
[PR]
# by saito_kei | 2007-04-07 00:42 | [身近にある、ちょっと怖い話。]
遊女たちにまつわる場所へも何ヶ所か仕事で行っている。
その中のひとつ、女ばかりの霊が集まるところへ行ったときの話である。
その場所は、私有地で許可を取り夜中に撮影する予定となっていた。
『おいらん淵』の案内板から少し離れた場所だった。
昼間、下見に行ったときでさえ、樹木が生い茂る獣道のような道の真中に、
髪をかきむしったように乱し、帯が緩み着物が着崩れた女の霊がいる。
この先へは、何者も通さぬ。といった勢いで立っている。
怒りに目を見開き、眉間にしわを寄せている形相は恐ろしい。
昼・夜関係なく、多分彼女は、ここにいるのであろう。
彼女の怒りをかいたくもなければ、関わりたくもない。
なぜなら、夜中は彼女のパワーもアップしていそうだからだ。
入ってはいけない場所へ。
関わってはいけない者達が待つ場所へ、私達は踏み込もうとしているのではあるまいか。
丑三つ時の撮影を待つために、私は重い気持ちを抱えながら、ひとまず宿泊先へ向かった。

                                               (つづく)
[PR]
# by saito_kei | 2007-03-30 18:23 | [身近にある、ちょっと怖い話。]
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。

Copyright©1997-2005 Excite Japan Co.Ltd.All Right Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム